「ペニスヘルペス」の原因

「ペニスヘルペス」は、セックスやオーラルセックスといった性的な接触を通じて感染する神経質ゾーンの病だ。生活で感染する背景や、どのように感染するのか、うつり易い形態などにあたって概要する。ペニスヘルペスに感染控える、感染させないために、敢然と防護ください。

ペニスヘルペスの初感染は、性行為が主な原因で、流感のように空気感染することはありません。性ディスカッションの客がペニスヘルペスを発症していて感染したと考えられます。健康なクライアントも、非常にちっちゃな素肌や粘膜にできた故障からも移ることがあるのです。また、相手に姿がなく気づいていなくても、移る可能性もあります。

性行為でなくても、口唇ヘルペスがオーラルセックスにてペニスにうつったり、自分にできた口唇ヘルペスを手で触り、専らペニスを触れたりするとペニスヘルペスを発症することもあります。また、タオルや洋式便座などにウイルスがついていて移る場合もあります。

免疫が低下している時や、痛手や消耗がたまっている時、局部を故障している時などは、再発することもあります。また、お酒を呑み過ぎたり、強い紫外線を浴びたり、セックスで素肌のスレがあったりした場合も注意が必要です。

神経質ゾーンの病の多くは、コンドームをとことんつけるため予防することができます。ただし、ペニスヘルペスの場合は、コンドームで覆われていない部分にウイルスがいれば、そこを触れるため感染してしまいます。そのため、しっかり防げるという防護法はないのです。大事なことは、ペニスヘルペスの姿のあるクライアントといった性行為をしないやり方、患部を触らないやり方、触った場合は石鹸でぐっすりツボを洗うやり方、不特定のクライアントといった性行為をしないやり方、などを十分に守りましょう。脱毛ラボ和歌山の美容全身脱毛なら痛みもなくて低価格!