偽装の被服を手作りする(2)

ドラキュラのマントは、ハロウィンでの各種変装に使えると思います。
男児だけでなく婦人に一番人気の「鬼神」にも使えますので、子が婦人であったなら、鬼神のコーディネートの人間を手作りしてみましょう。
子の鬼神ですから、よく物物しいコーディネートではなく、眩しい鬼神が良いですね。
例えば、お姫様などの変装も払える「チュチュ」をグループ手作りしてみませんか。
産地はオーガンジーかチュールを用意し、ウエスト友人で使用する大小がワイドのゴムも必要です。
鬼神で使用する場合には、黒が理想的ですが、紫や赤もコーディネート次第で腹いっぱい、鬼神っぽくなります。
婦人が好きなピンクも良いと思います。
また、色あいをミックスしても素敵です。
子自身でも取ることが可能なほど、とても簡単な作り方をご説明いたします。
本格的に焼ける皆様は本格的に作ってくださいね。
1、前準備として、オーガンジーかチュールを2~3cmくらいの大小に細く切って置き、ゴムは子のウエスト容量で、苦しくない状況に敢然と結んでおきます。
2、2~3センチ大小に切った産地を二つ折りとして、インプレッションが逆ビデオワード形態になるように手で持って下さい。
3、輪になったゴムの一部(どこでもかまいません)に、逆ビデオワードのぽっきり折れ曲がっていらっしゃるコーナー面を重ね合わせ、逆ビデオワードの下の皆様のひらひらした2正式の面をコーナーの△の部分に通して、ゴムに敢然と結び付けます。
4、それを、ゴム1周分け前、切ったすべての産地で行なうだけで規模のあるチュチュの出来上がりだ。
お好きな規模にするために、産地を付け足したり、切り落としたりください。
産地の長さを通じて、少ないチュチュも長いチュチュも簡単に取ることができますね。
チュチュが1枚起こるだけで、変装のコーディネートがグンとそれっぽくなったり、かわいらしくなったりしますので重宝しますよ。
婦人も大喜びすると思います。
ハロウィンのコーディネートを、なるたけお手軽に作りたいというかたにおすすめです。手話資格で転職の幅が広がる!