毛髪を耳にしちゃおう

メイド様が思い切りつける猫耳など、 日本には鳥獣を題材にしたドレスがたくさんありますよね。猫は確実まん中の確実ですが、中にはパンダやたぬきといった、ちょっとマイナーな商品も存在します。
基本的に、鳥獣が題材になったドレスはなんでもかわゆいですよね。それが例え、象や虎であっても良いという感じられます。
そのため、変装を通して通りをあるくハロウィン儀式の一つ、「変装会合」では、多くの夫人らが鳥獣になりきって参加しています。当然猫耳を垂らしたほうが圧倒的に多いのですが、近年は「ミニーマウス」が看板。ネズミの尻尾やリボンを塗り付けるだけでしっかりミニーになれますが、さすが外せないのが「耳」ですよね。いかにドレスが盛んであっても、耳がなければどっか寂しい仕上がりになってしまいます。
恐らくは、ほとんどの方が耳をカチューシャで償うかと思いますが、それよりも一際個性的でうれしい作戦があります。
それは、毛を耳にする仕事場。ロングヘアーの方にしかできない作戦となってしまうため、残念ながらショートやボブのユーザーはできません。限られた方しかできない経路なので、髪が長いユーザーはぜひ挑戦してみてください。
「髪で耳を取るなんて大変そう」と感じるかもしれませんが、法則のお団子が出来れば大丈夫です。できない方は、誰かにやってもらうと良いでしょう。
頭上に2つ大きなお団子を作ったら、あとはリボンを彩るだけ。ユニークな耳を作って、周囲といった溝を塗り付けちゃいましょう。http://yswjjm.xyz/